当院ではインフルエンザウイルスと成人肺炎球菌の予防接種を受付しております。

各種ワクチンは取寄せになりますので、ご希望のかたは事前予約をお願いします。

また安全配慮のため、中学生以下の方は原則として予防接種をお断りしております。

インフルエンザ

地域差はありますが、インフルエンザの流行は1月上旬から3月上旬が中心となります。病原ウイルスは少しずつ抗原性を変えており、ワクチンも毎年これに対応するように作られています。ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後2週間後から約4~5か月とされています。例年の発生状況から考えて10月下旬から12月中旬までの間に行うことが最適です。

成人肺炎球菌

肺炎は死因の第3位を占め、亡くなるかたの9割が65歳以上の高齢者です。肺炎球菌は原因菌の3~4割を占めているとされ、特に高齢者においては重症化が問題となっています。ワクチン接種後、約3週間で免疫ができます。個人差はありますが、約5年程度の効果が期待できるとされています。(インフルエンザのように毎年、接種する必要はありません)

予防接種を受けられない方

以下に該当する方は、かならずお申し出ください。
1かぜ症状など体調がすぐれないとき。
2予防接種を受けた際に何らかの異常がみられた。
3ワクチンに含まれる成分(たまごや添加物など)にアレルギーがある。
4過去にけいれんを起こしたことがある。
5医師の診察により不適当と診断された。

医師との相談が必要な場合

以下に該当する場合は、かならずご相談ください。
1基礎疾患をお持ちの方。
2身近な人が感染症にかかっている。
3なんらかのアレルギーをもっている。

予防接種後の注意

注意1接種後30分は息苦しさや湿疹が出ていないか注意して下さい。
注意2接種当日は激しい運動を避けましょう。
注意3入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすらないようにして下さい。
注意4接種部位のひどい腫れや高熱(38℃以上)などの症状があれば診察を受けましょう。

予防接種の際、ご持参いただくもの

1 身分証明

健康保険証など、住所・氏名・生年月日が分かるもの。

2 予診票

医療機関や市町村から予診票を受け取られた方。

3 個別案内はがき

助成接種券または無料接種券が郵送された方。

ページの先頭へ